So-net無料ブログ作成
検索選択
※貼付された画像はクリックすると拡大できます。

燃す [暮らし]

 先日、お手伝いで、枯れ枝とか枯れ葉を燃してきた。
 ん? 「燃す」って方言か? とにかくたくさん燃やしてきた。外で火を使うという行為は珍しいので雑感など書き留めておく。

 ドラム缶に枯れ枝や枯れ葉を入れて燃やしたのだが、煙がわんさか出た。すると、葉の間から漏れていた光が露になってこんな(下写真)が現れた。

field20121214a.jpg

 なかなか、感動的な光景ではないか。で・も、私の脳内では「未知との遭遇」とか「E.T.」の音楽が交互に流れていた。だって、こういうシーンあるじゃん。さらに、「E.T. phone home」という台詞がリフレインされ続けた。何かが降臨するかもしれない光景なのに、やってきたのはE.T.かよ!
  と、まー、こんな感じで4時間くらい燃やし続けたのだ。

 昼飯はロケットストーブの出番だった。ロケットストーブはこんな(下写真)やつだ。講習会で作った自作である。これは「お湯を沸かす」の図。

field20121214b.jpg

 昼飯は、ロケットストーブで作った煮込みうどん。
 道中の途中で買って来た総菜を載せたら、こんな(下写真)感じになった。結構、ごっつい。

field20121214d.jpg

 天気は良いが、さすが冬で、さぶい。熱々のうどんはしみじみ旨かった。

 ロケットストーブについて少々。
 ロケットストーブの火力は強力である。じっくり煮るより、火を沸かす、うどんを茹でるという強火料理が得意。さっと火が着いて、ごーっと燃える。この使いやすさは感動である。
 ロケットストーブの燃料(薪など)は下の円筒部から差し入れる。覗いて見るとこんな(下写真)感じ。
field20121214c.jpg
 円筒を仕切りで上下に分け、上に燃料を入れ、下は空気取り入れ口として開けておく。燃えれば空気が必要になり、それは下から供給され、熱は上へと昇るというしくみ。


 作業は15時頃終了。陽はかなり傾いている。
 燃やすのに使ったドラム缶に小さな穴がいくつも開いていて、漏れた陽が筋になっていた。
field20121214e.jpg
 炎も良いが、燠火というのも見てて飽きない。火って良いよね。でも、帰るから水をざばざばかけて鎮火した。

 そして、燻され、煤けた人達は、その場を去るのであった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。