So-net無料ブログ作成
※貼付された画像はクリックすると拡大できます。

バルミューダ the Gohanの試食 [食]

白飯は一粒一粒のお米が集まってできていることを改めて思い出させてくれました。
すっかり当たり前に食べていたよ。ごめんよ、お米さん。

バルミューダ the Gohanの試食に行ってきた。
この炊飯器で炊いたご飯のために特別に作られたデリーのカリーも食べられる試食会でした。

バルミューダのごはん

そのご飯、硬いという噂でしたが、そうではなかった。
粒感がはっきりとあり、それを硬いと表現していたのだろうと思う。
米粒の存在感があり、噛むと弾力があり、噛みしめるとうまかった。
私なりの表現は、丼モノにしたい、酢飯にしたい、チャーハンにしたい、そういうご飯でした。

バルミューダのごはん
デリーのカリーはさらさらスープ。ここに粒感のしっかりしたご飯が合わさると、長粒米を食べているような感じになる。実はこっそり指で掬って食べてみたのだが、これまた美味かった。

バルミューダのごはん
それにしても、ご飯は米粒がたくさん集まってできているのだな、と当たり前だけど忘れてしまっていたことを思い出させてくれる体験であった。この炊飯器で炊いたご飯食べると、お米への感謝を忘れないかも。

バルミューダのごはん
さて、炊飯器買い替えどうしようかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。