So-net無料ブログ作成
検索選択
※貼付された画像はクリックすると拡大できます。

ワカサギ唐揚のゆずポン酢南蛮漬け風 [食]

 ワカサギ唐揚のゆずポン酢南蛮漬け風

 「木頭柚子一番しぼり白ぽん酢」をいただいたので、その活用方法を研究しています。その一環。

 一つの素材や食材をいかにいろいろな使い方ができるかバリエーション展開を考えるのが好きなんだな。で、思いついたことを実際に作って試して、美味いと「俺偉い!」と自画自賛。
 ということで今回も美味かったよ。

IMG_5635.JPG
 クックパッドにレシピのっけましたけど、見てのとおりレシピ?って感じ(笑)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

柚子ポン酢の豚肉ソテー [食]

 勝手にプロデュースシリーズと命名する(笑)

 木頭柚子一番しぼり白ぽん酢をもらったのだが、一目見て思いついたレシピを実現していくのが最近のテーマとなっている。前回はゆずトマトポン酢の豚しゃぶスパゲティでした。今回は豚肉ソテーです。

FullSizeRender3.jpg

 なんでか分からんけど、食材を見るとこんな風にあんな風に食べたらうまいんじゃないかなとほっといても発想してしまう自分がいる。で、今回は何故だかポン酢を漬け汁にするというのが閃いた。こういうのは思い立ったが吉日なので即実践に限る。というわけでやってみた。
 でもね。気に入らなかったらアイデア全然出てこないからね。選り好みが多い私なの。


 で、結果。美味かった。比較のため塩胡椒しておいただけのものも作った。比べてみるとどちらも美味しい。いや、それでは批評にならんな。ゆずポン酢漬けは塩味がマイルド、かつ、ゆずの風味が脂身をさっぱり感で包みつつ、しっかりと味わせてくれるそんな感じだった。どんな感じだ?まあ、作ってみろ。

 レシピや作り方はcookpadに投稿したのでそちらで見てね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トマトポン酢でしゃぶスパ [食]

 トマトポン酢というものを貰った。
 「木頭柚子一番しぼり トマトぽん酢」という徳島の特産品。これがおしゃれなんですわ。スパゲティに使えます、と書いてあったので試してみたくなった。何が合うかなと思ったら、即、これはしゃぶスパであろうと閃いた。夏なのでアスパラガスの代わりにナスを使ってみましたよ。

FullSizeRender.jpg

 味見をしたら、かなりのしっかり味。蒸し魚にかけたり、塩焼き鶏肉をマリネにしたりと、使い方の妄想膨らむお味。今回はスパゲティのソースなので、オリーブオイルを多めに加え、そこに醤油を少々プラス。しっかり味で麺を食べさせ、でも柚子でさっぱりという夏向き仕様に仕上がった。

 トマトジュースにしては塩が強いのだけど、これを炭酸で割ったらうまかった。焼酎サワーにこのトマトポン酢を加えれば、ブラッディーマリーかテキーラサンライズかという味わい。このポン酢、活躍範囲広いっ。

 久しぶりにcookpadにレシピを書いたので載せておきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

関西仕様のどん兵衛天そば [食]

 大阪のアンテナショップにて関西方面で売られているというどん兵衛そばを買うことができた。これ以前どこかで聞いて気になっていたのだ。そして、運良く関東のどん兵衛そばがあったので食べ比べてみた。一回の食事でインスタントラーメンを二つも食べるなんて超珍しいぞ。

 比べる前に。ネットで調べれば詳細はわかるとは思うけれど、想像、妄想するのが楽しいのと謎が解けなくても良いと思っています。結末はうやむやですが、過程を楽しむという私のテーマに沿って現物を比べておりますのでその点はご了承ください。

 さて、始めるか。まずは外観から。下の写真の通り、ぱっと見では判別できない。間違えないように、そして、アピールするために分かりやすい差があると思っていたのだけどな。
 左が関東、右が関西。買ってきてすぐに手書きで「関西」と書いておかなかったら分からなくなっていたかもな。

photo_20150819d - 1.jpg

 よーく見ると実物のそばが写っている部分が違う。でも、これじゃ、わっかんねーよ!。

 中身、出汁は違うよね、と期待を込めて封を切る。ぺろん、ぺろん。左が関東、右が関西。

photo_20150819d - 2.jpg

 ほっ。出汁の袋の色が違うぞ。関東は赤(左)、関西は茶(右)。てんぷらは同じように見えるけど、なんとなく緑っぽいものが関西の方が多いように見えるが、これは個体差なのかなぁ。

 さあ、お湯を注ごう。と、そのまえに粉末出汁を出そう。左が関東、右が関西。なんとなくだが、関西が赤っぽい。

photo_20150819d - 3.jpg

 さあ、お湯を入れて3分待つ。その間に後乗せのてんぷらを比較。上が関東、下が関西。
 なんとなく違う・・・いや同じだよな、これ。個体差かもしれないので東西の違いとは判別できず。
photo_20150819d - 5.jpg
photo_20150819d - 4.jpg

 悩んでいる間に3分経過。ただ待つ3分より考えている3分のほうが短く感じるね。時間は一定に動いているわけではないのだ。

 さあ、蓋を取ろうぞ。ぺろん、ぺろん。上が関東、下が関西。
 色合いは撮影条件の統一が中途半端なので色が違って見えますが、実際は違いがわかりませんでした。
 色艶香りなど私には区別できませんでした。出汁の色とか香りに違いがあると思ったのだがなぁ。

photo_20150819d - 6.jpg

photo_20150819d - 7.jpg

 そして、食す。まずは食べたことがない関西から。ずず、ずずずぅぅぅ、ずずずずずぅ。いつまで食ってんねん。いや、すまん、腹が減っていたのだ。
 えー、出汁はなんとなく甘みを感じる。思ってたのよりしっかり味だ。
 では、次に関東。ず・・・。もういいってば。
 えー、関東出汁は醤油味が前面に出ている感じる。関西の甘みが差として際立つ。
 味の濃さでは関東、関西同じだよ?そういうものなの?残念ながら大阪では駅そば食べたことがなくてそういう味と比較できないのだ。

 いったいどういう違いがあるんだよ。答えは成分表にあった。上が関東、下が関西。

photo_20150819d - 9.jpg

photo_20150819d - 8.jpg

 違いは、ビタミン類、脂質の含有量。関東のほうがビタミン類が多く、関西のほうが脂質が多い。ふーん。写真を撮っていないのだが、成分表を比べると関西は「鯖出汁」が入っていないなど、調味料の差はあった。なるほどな。ちっともわかってないけれど。

 今回は食べ比べたから違いが分かったけれど関西版をそうと知らずに食べたら全然気が付かない可能性は高い。何故に差を際立たせないのだろう?何か理由があるんだろうな。ま、その理由は知らなくても全然構わん。

 以上で比較終了。全然役に立たない比較じゃったな、と自分でも思う。
 ちなみにお店には赤いきつねと緑のたぬきの関西版もありました。私は中学生の年越し蕎麦以来のどん兵衛ファンなのでそっちは興味ないのであった。でも、どん兵衛カレーうどん関西版があったので買ってきてあるのだ。これも関東版のカレーうどんを買って食べ比べてみよう。一回で二つもカップラーメン!こういう企画があるからこそ食べられるのだね。うふ。

 あ、そうそう。amazonで「日清 どん兵衛天ぷらそば(西)」と検索すると関西版が表示されます。関東版は「日清 どん兵衛天ぷらそば東」で。何故か「(西)」と「東」でカッコの違いがあるんだけど、これは何か意味があるんか?深く追求しないでおくわ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひと塩 [食]

 自分で作る魚の干物がうまい。

 天日に干すこともあれば、ピチットで包んだり、塩ふっただけのこともある。どれにするかは保存の長さとかで決めるけど「ひと塩」が好きだ。

 魚を一本、開かずに、ハラワタとエラを取る。両面に少し多いかなという程度の塩を満遍なく振り、網のようなものに乗せてバットに入れて冷蔵庫で半日程度待つ。干してないから「干物」ではないな。魚から水が出てきて、味が凝縮される。この塩加減を自分でできるのが自作の良いところ。この方法ならば身が硬く締まることがなく柔らかいものを食べられる。
 ポイントは切り身ではなく一尾まるのままのものを使うこと。身に直接塩が当たらないほうが良いと思う。
 私のイチオシはカマス、サヨリ、シロギスなどの細長銀色白身魚系。

こちらはシロギス。
18705550451_faf1cd396f_z.jpg

こちらはカマス。
18817532241_b4dbe6e85b_z.jpg

 ちなみに私はフライパンで蒸し焼きにします。

 さあ、旬の魚を「ひと塩」で食べようぞ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。